閉じる

20代に多い若年性ED(勃起不全)とは!?原因と改善策まとめ

ED(勃起不全)は中年・高齢者と呼ばれる方たちにだけ起こる症状だと思っていませんか?

確かに年齢を重ねるほどにEDになる割合が高くなるのは事実。それまでの生活習慣が祟り、身体機能の低下や血流が悪化したりするからです。

しかし、EDは20代など若い年代でも起こり得ます。それが所謂「若年性ED」と呼ばれるもの。

今回は若年性EDとは一体何なのか、その原因と改善策についてお伝えしていきます。

♦若年性EDの原因ってなに?どんなものがあるの?

lgf01a201406060900

若い年代の勃起不全「若年性ED」ですが、どうして若い方でもEDになってしまうのでしょう。まずはその原因を整理してみましょう。

EDは主に2種類に分類されます。

  • 心因性のED・・・精神的な原因によるEDのこと
  • 器質性のED・・・身体的な原因によるEDのこと

ED・勃起不全の原因・見分け方・チェック方法は?年齢が関係ない場合も!

一応、若年性のEDにはどちらの場合もあり得るのですが、圧倒的に多いのが心因性のED。

20代というとまだまだ性行為自体の経験も少なく、感受性も非常に豊かな年代。そのため精神的な影響を受けやすく、ちょっとした原因でもEDになってしまう方が多いのです。

いくつか若年性EDの具体的な例を挙げてみましょう。

セカンドセックスED

これは若年性のEDの中でも最も頻繁に起こるEDです。

性行為自体が初めてだったり、新しいパートナーと初めて性行為をする際に起こりやすい。

なぜ起こりやすいかというと「失敗したらどうしよう・・・」という恐れや「下手だと思われたくない!」という焦りを感じてしまいやすいから。

十分な勃起を得るためには、

  • 脳がしっかりと性的刺激を受け取り、ペニスへと伝えること
  • 副交感神経が働いている、つまりリラックス状態であること

この2つは非常に重要となります。

セカンドセックスEDの方は過度な焦りや恐れが性的刺激よりも強く、興奮状態にあるため上手く勃起しないのです。

このセカンドセックスEDは性経験が比較的少ない方や、いわゆる「草食系男子」と呼ばれる女性に対して消極的な方に起こりやすいのが特徴となります。

バーチャルED

おそらくバーチャルEDという言葉自体初めて聞くという方もいるのではないでしょうか。

バーチャルEDというのは簡単に言うと生身の女性と性行為ができない状態を指します。

でも「生身の女性と性行為ができないなら、どうやって女性に対する性欲を処理しているの?」という話になりますよね。それを満たしているのがバーチャルなのです。

アニメやAVといったバーチャルな世界に夢中となり、それをオカズにしたマスターベーションをしている方がバーチャルEDになりやすい。

生身の女性との性行為となると、自分だけ気持ちよくなれれば良いマスターベーションとは違い、相手のことを思いやる必要があります。結果として、どう接すれば良いのか分からずに戸惑ってしまい、萎えてしまうということが起こるのです。

これも20代の男性に良く起こり得るEDなので、当てはまるという方は何かしらの対策をする必要があります。

特定のパートナーのみに対するED

20代後半くらいの男性に起こりやすいのが、特定のパートナーのみに対するED。

ほとんど自分と関係のない女性、例えば風俗などではしっかりと勃起するのに、いざ妻や彼女となると勃起しないというのがこのタイプです。

では、どうしてこのようなことが起こってしまうのでしょうか?

これは長くパートナーと過ごすことによって、パートナーの見た目にセクシャリティを感じなくなったり、言動(愚痴など)によって性欲自体が減衰してしまうことによって起こってしまいます。

また20代後半は子作りを考える方も増える年代。双方が子作りに積極的であれば何も問題はありませんが、もし妻だけが積極的で強要してきた場合にプレッシャーを感じることによるストレスでEDになるというケースも多々あります。

嫁、恋人、彼女,,,,特定のパートナーにだけ性欲がわかない!どうすればいいの?

若年性ED 原因と種類まとめ

簡単にここで若年性EDの原因と種類についておさらいしましょう。

若年性のEDは器質性の場合もあり得るが、基本的には心因性のEDである場合が多い。その理由は若い年代は感受性が豊かで、精神的な影響を受けやすいからでした。

また、上記で紹介した若年性EDも非常に起こりやすいものです。最悪、パートナーとの別れにもつながってしまう恐れもあります。

やはりEDになると、自分に自信がドンドンなくなっていき、女性への接し方も消極的になってしまいがち。それを防ぐためにも改善策を試すことが非常に重要となってきます。

♦若年性のEDの改善方法は?何がオススメ?

ひらめき

心因性のED、つまり精神的なものが原因となると改善は非常に難しい。というのも、精神的悩みは人によって深さが変わり、他人では理解できないところも多々存在しているからです。

しかし、間違いなく共通して言える改善策が1つあります。

その改善策というのが「自分に自信を持つこと」です。

「こいつ何言ってんだ?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、これは精神的な悩みを改善する上で非常に重要なこと。

先ほど挙げた若年性EDの2つを思い出してください。セカンドセックスED・バーチャルEDの2つです。

これらの原因をシンプルに考えると以下のようになりませんか?

  • セカンドセックスED・・・自分のセックス・ペニスに自信がない
  • バーチャルED・・・生身の女性を満足させる自信がない

結局のところ、自分の性行為やペニスに対する自信の無さが焦りや恐れ、緊張につながってEDとなっているケースは多いんですよね。特定のパートナーに対するEDのようなパートナーも大きく関わってくるEDは少し毛色が違うので、別の改善策が必要となりますが。

それでは若年性のEDの改善方法、とりわけ自分に自信を取り戻す方法についてお伝えしましょう。

精力剤で自慢の息子を手に入れる方法

lgf01a201407100400

まずオススメしたいのが精力剤を使った改善策。

精神的原因によって若年性EDになっている場合は「とにかく勃起させること」がかなり重要です。

なぜなら一度でもEDになってしまうと、今後も性行為のたびに勃起しないのではないかという不安に襲われるようになり、ますますEDが深刻になってしまうから。これは本当に良くある心因性EDの悪化パターンでドツボにはまりやすい。

これを防ぐためには、とにかくペニスを勃起させて「自分のペニスはちゃんとギンギンになる!」と再び自信を取り戻す必要があります。

そこで役立つのが精力剤。精力剤にはペニスへの血液量を増やすことで勃起しやすくさせる血流改善効果、精神的落ち着きをもたらすことでスムーズな勃起を促すリラックス効果を持つ成分が入っている商品もあります。

なかなか自分の勃起力に自信を持てない方でも普段から精力剤を飲む習慣をつけておけば、いざという時に精力剤がアナタの勃起をサポートしてくれるでしょう。そうやってスムーズでギンギンな勃起経験を繰り返していくことによって、最終的に精力剤の力なしでもしっかり勃起するようになります。

何かを改善するときには必ず「きっかけ」が必要。そのきっかけになるのが精力剤なので、まずは試してみてはいかがでしょうか?

⇒精力剤ランキング

とにかく女性と性行為を繰り返す方法

danjyo5

どうしても経験不足は人を不安にさせてしまうもの。これは仕事でもスポーツでも何でもそうですよね。セックスだって同じです。

皆さんの初体験を思い出してください。どうすれば良いか分からずにアワアワしていたでしょう?

しかし、そんな若い焦りも性行為の経験が増えるほどになくなっていったはず。これも経験を重ねて自信がついたから。

少しゲスな話になりますが、経験不足による焦りや緊張でEDになっているという方は女性と接する機会やセックスの経験を増やすことが非常に重要です。

それこそキャバクラや風俗を利用するのもアリでしょう。同時に女性を満足させるための話術やテクニックも身につくので一石何鳥にもなります。

例えば、バーチャルEDで生身の女性の言動や態度で萎えてしまうという方にも格好の練習になりますしね。

今現在パートナーがいるという方は、パートナーに悩みを打ち明けて一緒に改善するのがオススメです。1番アナタの悩みを真剣に考えてくれるでしょうし、自分の好きな女性と性行為をするほうが確実に興奮するでしょうから。

クリニックなどのカウンセリングを利用する方法

35bf6493f958b9fdd41e438c185bedf7_s

クリニックや病院でカウンセリングを受けることも1つの手段として使えます。

性の悩みは人によって程度の違いこそあれ、深い悩みとなっていることがほとんどです。そのためずっと1人で抱え込んでいると、そのまま思い詰めて余計に深くなってしまったり、もう満足な性行為はできないんだと自己嫌悪に陥ってしまうこともしばしば。

そんな時はカウンセリングを受けて、少しでも自分の精神的な負担を軽くしてもらいましょう。理解者がいるのは非常に心強い支えとなります。

子どもの頃は家族、学生時代は友人、社会人になってからは同期と信頼できる人も増えていったはず。でも性の悩みは誰にでも打ち明けられるものではありませんよね。相談するのが恥ずかしいと思ってしまう気持ちも分かります。

だからこそ、最初は自分のことを良く知らないクリニックや病院のカウンセラーの方のほうが話しやすかったりするのです。恥ずかしいと思っても勇気を出して行ってみることが大切ですから。

もちろんパートナーや親しい友人に打ち明けられるのであればそれが1番ではあります。

心因性のEDはカウンセリングで治ることも多いので、ぜひ試してみてください。

特定のパートナーにEDの方の対処法

gingin

これだけは自分の自信を回復するだけでは、あまり改善策にならない場合があるので別で改善方法をお伝えします。

というのも、このタイプのEDは相手側にも問題があることが多いから。

  • 長く一緒に居ることで外見に気を使わなくなった
  • 無遠慮な言動(給料や愚痴など)
  • 子作りの強制

例えば上記のような例を挙げることができます。良くあるのは外見と言動ですね。

長らく一緒にいると、どうしてもお互い手抜きになりがち。付き合うまではいっつも可愛くオシャレしてメイクもバッチリだったのに、付き合いだしてからはメイクも服も手抜きでデートするようになったり。もはやスッピンでデートするというパートナーもいるでしょう。

まぁ自分に気を許してくれていると思えば多少目を瞑ることはできますが、流石にずっとそれでは萎えてEDになってしまうのも分かります。性的刺激をしっかりと受け取るには、ドキドキ感も重要な要素の1つですから。一切ドキドキしなくなってしまってはお終いです。

そんなときはプレゼントと称してパートナーの好きな化粧品を買ってあげたり、一緒に服を見に行くなどしてみましょう。少しでもまたパートナーが外見に気を使うためのモチベーションを上げることが大切。

言動と子作りの場合はどうしても直接的な話し合いが必要となります。

いくら気が置けない仲とはいえ、思いやりを持つことは何よりも重要です。それなのに無遠慮な物言いをされては嫌になってしまうのも分かります。そんな状態では性行為をする気にもなりません。

また、子作りの問題に関してもそうですね。子作りはどちらか一方だけが望んでいるからではなく、双方が望んでいる状態で行うもの。

1人の命を育てていくわけなので、お互いにしっかりと覚悟を持っていなければならないのは絶対条件です。それを強制されるのは違いますよね。

言動にしても子作りにしても、しっかりとお互い納得いくまで話し合いましょう。「もう嫌だ」という方もいるかもしれませんが、こればっかりは仕方ありません。頑張りましょう。

話し合いでお互いが納得することができれば、より一層二人の仲も深まりますし、パートナーに対する性欲も戻ってくるはずですよ!

しかし、それでもどうしても勃起しないということもあり得ます。その際には精力剤を使ってみてはどうでしょう。

精力剤には男性ホルモン・特に性ホルモンとしての働きを持つテストステロンを増やす成分が含まれているものがあります。テストステロンの分泌量を増やすことで自然と精力・性欲を高めることができるので、パートナーに対してもしっかりと興奮してギンギンに!

まぁ性欲は人間の欲の中でも非常に大きいものですから、精力剤を使ってしっかりとパートナーの性欲を満たすことができれば自然と2人の中も戻っていくかもしれません。

♦まとめ

20代などの若い年代は非常に精神的影響を受けやすい時期。人生においても重要な環境変化や人間関係の変化が起こるからでしょう。

もちろん変化に慣れることが1番大切ですが、それまで時間がかかることもあります。その間にEDになってしまいやすいんですね。

そうならないためにも、しっかりと自信を持っておきましょう。別にセックスを失敗したって良いんですよ。セックス1回で関係が変わるようなことは滅多にありません。

でも、自分の経験不足や自身の無さが原因でEDになってしまったのであれば、改善する努力は絶対に必要です。

性行為は決して1人でするものではなくパートナーがいるものですから。しっかりと自分だけでなくパートナーも満足させられるように努力していきましょう。きっとパートナーもアナタのEDが改善するのを待っていると思いますよ。