閉じる

ペニス増大サプリメントの選び方は?抑えておくべきポイント!

皆さんはペニス増大サプリを選ぶときにどのような選び方をしていますか?

流石に何も考えずに片っ端から試している方はいないと信じたいですが・・・。そのような選び方ではお金が無駄になるばかりです。

ペニス増大サプリにもある程度使用する前に本当に効果がある商品なのかどうかを見分けるポイントが存在します。

今回は皆さんがペニス増大サプリを購入する際に効果のない商品を選んでしまわないよう、商品を選ぶ際のポイントについてお伝えしていきます。

♦ペニス増大に効果があるのは「成長ホルモン+血流改善」

ona-kiken

最初にペニスのサイズアップにどのようなアプローチをしているペニス増大サプリが効果が見込めるのかお伝えします。

ズバリ、ペニス増大に効果があるのは「成長ホルモンの分泌+血流改善」のアプローチをしている商品。

ペニス増大サプリは基本的に3つのアプローチ方法で分類することができます。

  1. 成長ホルモン分泌促進
  2. 血流改善
  3. 成長ホルモン分泌促進+血流改善

それぞれもう少し詳しく見ていきましょう。

成長ホルモン分泌促進タイプのペニス増大サプリ

ハッキリ言って、このタイプは最もペニス増大が期待できません

成長ホルモンについてご存知ですか?皆さんが10代の成長期だったころにドバドバ出ていたホルモンです。

10代の頃は成長ホルモンの分泌量がピークの状態なので、皆さんの身体もすくすくと大きくなりましたよね。まぁその成長の幅には個人差があるわけですが。

もちろんこの時期にペニスも成長します。しかし、残念なことにペニスの成長にも個人差があるのです。ペニスサイズに悩んでいるということは、皆さんのペニスは思ったより大きくならなかったはず。

そして、10代のピーク時を過ぎると成長ホルモンの分泌量は減る一方に。だから成長期を過ぎると身体の成長もペニスの成長も止まってしまうわけです。

成長ホルモン分泌促進タイプのペニス増大サプリは「成長ホルモンの分泌量を促進して、もう一度成長期を迎える」のが狙いです。もう一度成長期を迎えて、ペニスの再成長を促すわけですね。

このタイプのペニス増大サプリにはアルギニン・マカ・トンカットアリなどの成長ホルモンの分泌を促進する成分が含まれています。

しかし、よく考えてください。

成長ホルモンの分泌がピークである成長期に皆さんのペニスは成長しませんでした。更に歳を取ってから、いくらこれらの成分で成長ホルモンの分泌を促進しても、流石に成長期ほどの分泌量には届きません。

それなのに、今度は本当にペニスが大きくなると思いますか?現実的に考えてくださいね。

あまり言いたくはありませんが、もう一度普通に成長期を迎えたところで皆さんのペニスは大きくなりません!

だから成長ホルモン分泌促進のアプローチしかしていないペニス増大サプリは避けた方が良いでしょう。単に身体が元気になっておしまいです。

血流改善タイプのペニス増大サプリ

このタイプはペニス増大サプリで最も主流なタイプ

シトルリンなどの血管拡張効果を持つ成分が入っており、ペニスへの血液量を増やすことでペニスを増大させるというアプローチ。

どうしてペニスへの血液量が増えればペニスが増大するかというと、ペニスは血液が流れ込むことで勃起するから。勃起時にペニスがパンパンになっているのは血液のおかげなのです。

ということは、普段より大量の血液がペニスに流れ込めば肥大化するのが分かりますよね。ペニス増大サプリを飲み続けてどんどんペニスへ流れ込む血液量が増えていけば、いずれサプリを飲まなくても自然と大量の血液が流れ込むようになります。

要は、血液が大量に送り込まれた状態を徐々にペニスに覚えさせるわけです。これがこのタイプの増大サプリの仕組み。

確かにこのタイプは主流なだけあってペニス増大に効果があることはあります。

しかし、問題が1つあるんですよね。

その問題というのが「血流改善タイプのペニス増大サプリが増えすぎた」こと。どの商品もシトルリンによる血流改善効果を謳っており、どれが本当に効果が分からなくなってしまったのです。

こうなると見分けるポイントはシトルリンなどの成分の含有量のみ。含有量が多ければ多いほど効果はありますから。

しかし、ペニス増大サプリで明確に成分の含有量を表記している商品はほぼありません。

このような背景があって、このタイプの増大サプリで優良商品を見つけるのは非常に困難となっています。それこそ片っ端から使ってみる他ありませんからね。

成長ホルモン分泌促進+血流改善タイプのペニス増大サプリ

サプリメント

ぎんぎん君が推したいのはこのタイプのペニス増大サプリベクノール・ゼファルリン・ライゼックスなどがこのタイプです。

成長ホルモン分泌促進と血流改善のどちらからもアプローチすることで、先に挙げた2つのタイプよりも高い増大効果を誇ります。

単に成長ホルモンを分泌を増やして成長期を迎えるだけでは効果がありませんでしたが、同時に血流改善も行うとなると話は別。2つの間で相乗効果が起こり、ペニスの再成長も促され、ペニスへの血液量もグンと増えます。

血流改善だけではなく成長ホルモンの分泌も謳っているので、血流改善のみが売りの商品との区別がつけやすいのもポイントです。間違えて効果のないサプリを選んでしまう心配がありません。

本気でペニス増大に取り組みたい方は「成長ホルモン分泌促進+血流改善タイプのペニス増大サプリ」を選ぶようにしましょう。

♦ペニス増大サプリを選ぶ際の注意点

タイプ別に効果が見込めるのかどうかをお伝えしましたが、その他にもいくつか商品を選ぶ際の注意点が存在します。この注意点も抑えておかないと、いくら効果のあるタイプでもほとんど効果を実感できないという事態に陥りかねません。

逆に、この注意点も抑えておけば商品選びで失敗する確率はグンと減るのでしっかり学んでおきましょう。

ペニス増大サプリは成分が命!

ペニス増大サプリで最も重要なのは入っている成分です。これは精力剤でも同じ。

当然ですが、身体に効き目のある成分がより多く配合されている方が効果がありますよね。

つまり、最初にペニス増大サプリを選ぶ際には「一体どれだけの成分が配合されているか」をチェックする必要があります。だいたい最低でも20種類以上の成分が入っていることが望ましい。これをまずは基準にして選びましょう。

必須級の成分をチェックしよう!

まずは成分量をチェックすることが重要ですが、その中でも特にペニス増大サプリには必須とも言える成分が存在します。

  • シトルリン
  • アルギニン
  • マカ
  • トンカットアリ

上記の4つがペニス増大サプリで重要な成分。特にシトルリンは必須です。もはやシトルリンが配合されていないペニス増大サプリは、その時点で候補から外してしまっても構いません。

何種類の成分が入っているかも重要ですが、今挙げた4つの成分が配合されているかどうかもしっかりとチェックしましょう。

即効性を謳っている商品はNG!

ペニス増大サプリはある程度の時間、数か月~かけてゆっくりと丁寧に大きくしていくもの。即効性のあるような医薬品成分が薬事法の縛りで配合できずに、安全な自然の天然成分のみで作られているからですね。

それなのに「最短○日で増大を実感!」や「驚きの即効性!」といったように、即効性を売りにしている商品が存在します。

ハッキリ言って、即効性を売りにしているような商品は全く信用できません。ペニス増大サプリの本質とは真逆のことを言っているわけですから。

購入しても全く効果がないというのがオチでしょう。あるいは本当に即効性が感じられても、違法な医薬品成分が入っている恐れがあります。医薬品成分は用法を守らないと、体に重篤な副作用を引き起こす可能性があるので危険。

ペニス増大サプリを購入する際には即効性を謳っている商品は避けた方が良いでしょう。

♦まとめ

効果のあるペニス増大サプリのタイプと選ぶ際の注意点をお伝えしてきました。もう一度簡単におさらいすると・・・

  • 選ぶなら「成長ホルモン分泌促進+血流改善」タイプのペニス増大サプリ
  • 何種類の成分が配合されているか調べる
  • 特に重要な成分が配合されているかチェック(シトルリンやアルギニンなど)
  • 即効性が売りの商品には注意!

これだけしっかりと覚えておけば、全く効果のない商品を選んでしまうという事態を避けられます。

全く効果のない商品を選ばない=しっかりと効果のある商品を選べるということ。ぜひ商品を選ぶ際の参考にしてくださいね。

ペニス増大におすすめのサプリメントランキング!