閉じる

精力剤は喫煙者やお酒大好きな人でも効果あるの?

過度な飲酒や喫煙は間違いなく健康に良くないというのは誰でも知っている事実ですよね。

そして、「喫煙や飲酒はED(勃起不全)につながるってホント?」という記事の中でそれらがEDにつながってしまう可能性があるという話をしました。

でも「喫煙や飲酒をしていても精力剤さえ飲んでいれば、EDになることはないんじゃないの?」って思いませんか?

精力剤、とりわけ勃起薬は身体機能や血流改善で自然と勃起力を上げるものだし、過度な飲酒やヘビースモーカーでもEDになることはないかもしれません。

ということで、今回は喫煙者や過度な因習をする人にも精力剤は効果があるのかどうかお伝えしていきます。

♦精力剤はお酒大好きな人にも効果はある!けど喫煙者には・・・

先に結論を述べておくと、確かに精力剤はお酒大好きな人には効果はあります。

なぜ精力剤が効果があるかというと、冒頭で述べた通り「精力剤は天然成分によってEDの原因に対して直接的に作用するもの」だから。

しかし、誤解しないで欲しいのは「あくまで適度な飲酒をしている場合にのみ」効果があるということ。

一方喫煙者の場合は、効果がないというよりも「効果を感じられない」という

とりあえず、もう少し詳しく説明していきます。

♦過度な飲酒は本能レベルで勃起力を抑えてしまう

osake

まずは過度な飲酒についてお伝えしましょう。

アルコールには精神をリラックスさせる効果があるのは、お酒が好きな人であれば理解していると思います。例えば、いつもは人見知りで会話するのが苦手だという人でも、お酒が入った瞬間に陽気になって饒舌に話し始めたり。ちなみに、ぎんぎん君もかなり饒舌になります。

これはアルコールが理性を司る大脳新皮質という場所の働きを鈍くしているから。それにより、今度は本能的(感情・衝動・欲望・性欲)な部分を司る大脳旧皮質や大脳辺縁系といった場所が活発に働き出すのです。

大脳新皮質や大脳旧皮質などの難しい単語が出てきましたが、お酒を飲むとリラックスできて本能が顔を出しやすくなると知っておけば大丈夫。よく「お酒を飲んだ時にその人の本性が出る」って言うでしょ?あの言葉って的を射た表現なんですよね。

このリラックス効果は勃起力を上昇させます。

交感神経と副交感神経というのをご存知ですか?もの凄く簡単にこれらの働きを説明すると・・・

  • 交感神経・・・身体が興奮状態・活発に動いているときに働く神経
  • 副交感神経・・・食事や睡眠などの身体がリラックスしているときに働く神経

上記の働きを考えると、適度にお酒を飲んでいるときはリラックス状態にあるので副交感神経が働いているということになるのは分かりますよね。スムーズな勃起に必要なのはリラックス。つまり、副交感神経が働いている時なのです。

だから、適量のお酒を飲むとスムーズにペニスを勃起させることができるというわけ。

この適度な飲酒でリラックスした状態であれば精力剤を使わずとも勃起するでしょうし、普段から精力剤を使用していればお酒との相乗効果で更にギンギンな勃起力を手に入れられます。

しかし、自分のキャパシティを越えた過度な飲酒をしてしまうと、普段から精力剤を飲んでいようが勃起しません。

呂律が全く回らなかったり、記憶がなくなるまで飲んでいる状態のときは、確実に脳が鈍りすぎて処理能力がほとんど停止している状態。ほぼ理性はありません。

そんな状態では当然ながら脳が性的刺激をしっかりと受け取ることは不可能です。勃起には脳が性的刺激を正確に受け取って、ペニスに伝える必要があります、最初の性的刺激を受け取れないとなれば勃起しないのは必然ですよね。

この状態では流石に精力剤を飲んだところで意味はありません。

また、過剰な飲酒を繰り返していると糖尿病・高血圧症などの生活習慣病を引き起こす危険性も・・・。糖尿病や高血圧症はEDの原因となる代表的な生活習慣病です。

ちなみに、この2つでEDになってしまった場合はバイアグラなどのED治療薬も処方してもらえません。下手をすれば一生EDのままだという事態も考えられます。

流石に糖尿病や高血圧症などの病気は精力剤で解決することは不可能。精力剤は医薬品ではありませんからね。病院での治療が必須となってしまいます。

ED・勃起不全の原因・見分け方・チェック方法は?年齢が関係ない場合も!

あくまで精力剤が効果を持つのは、適切な飲酒を心がけている方のみ。過度な飲酒を続けていると、精力剤やバイアグラなどのED治療薬ですら手に負えなくなってしまうことを覚えておいてください。

♦ヘビースモーカーに対する精力剤の効果とは?

tabako

著作者:NinchenBln

次に喫煙者に対して、精力剤は効果があるのかどうかお伝えしようと思います。

喫煙者にもヘビースモーカーやライトスモーカーという呼び方があるように1日に喫煙する本数によって喫煙者の程度が分類されています。

  • ライトスモーカー・・・1日5本以内
  • レギュラースモーカー・・・1日5~20本
  • ヘビースモーカー・・・1日21本以上

一般的にはヘビースモーカーやライトスモーカーの定義は上の通り。まぁ吸っているタバコの強さにも違いがあるので、あくまで参考程度ですが。

先に言っておくと、ぎりぎり精力剤の効果を引き出せるのはライトスモーカーまででしょう。譲歩してレギュラースモーカーでも10本以内。

皆さんもご存知の通り、タバコにはニコチンが含まれています。このニコチンが非常に厄介なんですよね。

簡単に言うと、ニコチンには血管を細くしてしまう効果があります。逆に精力剤はシトルリンなどの成分で血管を拡張して勃起力を改善するものでした。

これって完全にニコチンと精力剤の効果がぶつかってしまっていますよね。言い方を変えると、精力剤の効果が全くなくなっているわけです。

吸っているタバコのニコチン量が少なく、本数も少なければまだ精力剤の効果も見込めるでしょう。しかし、レギュラースモーカーでも15~20本吸ってしまう方やヘビースモーカーの方となると話は別。

ニコチンの血管を細くする力の方が圧倒的に上回ってしまうため、精力剤を普段から飲んでいようがEDになってしまう可能性が高い。それだけではなく、欠陥が収縮することで動脈硬化などの病気にもつながってしまいます。

また精力にかかせないビタミンやミネラルを破壊してしまうのも厄介。これでは精力剤でいくらビタミンやミネラルを補給しても、次から次へと破壊されてしまうだけです。

もし喫煙者の方で精力剤を飲もうと考えている方は、ライトスモーカーのレベルまで喫煙本数を減らすようにしましょう。そうしなければ、本当に飲むだけ無駄になってしまう場合もあり得ます。

むしろ喫煙者の方は精力剤を飲むよりも、禁煙したほうがED改善には効果があるくらいですからね!

♦まとめ

DS

飲酒の場合は適度な量を飲むことで、勃起力も上がりますし普段から精力剤を飲んでいれば更にスムーズな勃起を手に入れられます。

しかし、タバコの場合はせめてライトスモーカーのレベルにまで喫煙本数を減らさなければ、精力剤の本来の効果を実感できないという事態に陥りかねません。

  • 飲酒・・・精力剤OK!しかし、過度な飲酒はNG!
  • 喫煙・・・基本的にNG。ぎりぎりライトスモーカーまでならアリ。

今回の話を参考にして、今まで過度な飲酒を繰り返していた方は適切な飲酒。喫煙者の方はなるべく禁煙するか、本数をしっかりと減らすようにしましょう。

そうすれば、しっかりと精力剤の効果を実感できるようになりますからね!

ED・勃起不全にオススメの精力剤ランキング!