閉じる

オキソアミヂン徹底まとめ!ニンニクの新しい有効成分の効果がすべてわかります。

18911ff82daef751294c3b656580712c_s

オキソアミヂンはニンニクから発見された今大注目の成分

きっとあなたもオキソアミヂンの噂を聞きつけて、当ページにたどり着いたのではないでしょうか。

オキソアミヂンはニンニクパワーの源となる成分で、精力増強や男性機能の改善(ED・勃起不全の改善)といった効果を期待できます。
夜の悩みを抱える男性であれば、まさに「知っておきたい!取っておいたい!」成分なんですね。

そこで今回はどこのサイトよりも詳しく丁寧に、オキソアミヂンの効果や摂取方法、副作用などあらゆる角度から解説していこうと思います。

そもそもオキソアミヂンとはなんなのか

そもそもオキソアミヂンとはなんなのか

オキソアミヂンとは日本の科学者であり、ニンニク博士の愛称で親しまれた小湊潔博士が発見した真のニンニクパワーを持つ成分です。

  • 食べると体の内側から力が湧いてくる
  • 体力がついた気がする
  • 次の日に疲労を持ち越さなくなった

彼がオキソアミヂンを発見するまで、上記のようなニンニクパワーと呼ばれるものの源はアリシンだと思われていました

アリシンとは、あのクサい「ニンニク臭」を出している成分のこと。
だから「ニンニクはクサいけど体に良い」という認識が広まっているわけです。

しかし小湊博士がオキソアミヂンを発見したことで、その常識がくつがえりました。
実はニンニクパワーの源はニオイがきついアリシンではなく、無臭のオキソアミヂンだったのです。

やっぱり「ニンニクは体に良いみたいだし取りたいけど、ニオイが…」という方も多かったのですが、実は無臭でたくさんの良い効果を得られることがわかったので大人気になっているんですね。

>>手っ取り早くオキソアミヂンを摂取したい方はこちらをクリック<<

オキソアミヂンの効果・効能一覧

オキソアミヂンの効果・効能

 

オキソアミヂンの効果は大きくわけて5つあります。

  • 精子の質と量アップ・性欲の上昇
  • 持久力の改善・精力増強
  • 血のめぐりを良くする(ED・勃起不全改善、高血圧の予防、冷え性の改善)
  • ビタミンB1が水に溶けるのを防ぐ(脳を活性化する、むくみ予防)
  • 抗酸化作用がある(老化の防止、病気の予防)

それぞれどのような健康効果につながるのか具体的に確認していきます。

精子の質と量が上がり精力増強

ネズミを使った実験で静止の質・量・持久力向上につながることがわかった

オキソアミヂンを発見したのは小湊潔ですが、その研究を更に深堀りした研究者は何人もいます。
中でも有名な研究が「ネズミにオキソアミヂンを与えるとどうなるのか?」というもの。

その実験で、オキソアミヂンを取ると精子の質・量が上がることが判明しました。
実際におこなわれた実験のデータを簡単にまとめてみました。

【精子の質が上がった実験結果】

オキソアミヂン投与量 大量 少量 なし
マウス
(交配の15日前)
マウス
(交配の直前)
ラット
(交配の15日前)
ラット
(交配の直前)

※◎…100%妊娠グループ、○…80%前後妊娠グループ、△…70%前後妊娠グループ
(参考文献:永井勝次「よく効くニンニクの神秘的薬効」)

マウスでもラットでもオキソアミヂンをあげたほうが明らかに妊娠率が上がっていることがわかります。
またオキソアミヂンをあげたマウスとラットから生まれた赤ちゃんのほうが、大きさや重さも上回っていたとのこと。

ここから導き出せるのは「オキソアミヂン投与によって、より良い精子がつくられるようになった」ということですね。

次にオキソアミヂン投与で、精子の数が増えたことを示す実験結果を見てみます。

【精子の量が上がった実験結果】

オキソアミヂン投与量 大量 中等量 少量 なし
10日目
20日目

※◎…精子量が多い、○…精子量がやや多い、△…精子量がふつう
(参考文献:永井勝次「よく効くニンニクの神秘的薬効」)

このようにオキソアミヂンを投与したほうが、精子数が通常よりも多くなることがわかります。

つまり人間でもオキソアミヂンを取れば、

  • 妊娠率の上昇
  • 元気な赤ちゃんが生まれる可能性が高くなる

というように、精子の量と質があがることで妊娠活動が上手くいく可能性が高くなります。
例えが悪いかもしれませんが、料理でもなんでもできるだけ良い材料を使ったほうが良いものをつくれる可能性が高まるのと同じですね。

「がんばっているのに、なかなか授からない…」「これから妊活に励みたいけど、ちょっと自分の精子だと不安…」という方は積極的にオキソアミヂンを取るのがおすすめ。
実験に裏打ちされた確かな効果を実感できると思います。

オキソアミヂンで射精感や性欲も増大する!?

射精感や精力のアップ

精子量が増えることによるおまけ的な効果として、以下の2つも望めます。

  • 射精したときの快感がアップ
  • 性欲が増してムラムラしてくる

純粋に精子量が増えれば、それを出すときの快感もアップします。
おしっこを極限まで我慢して、一気に出したときってすごく気持ち良いですよね。それとまったく同じです。

逆に精子が少なくなってしまうと、いわゆる「空撃ち(からうち)」の状態になって、射精時の気持ちよさをほとんど得られません。

 

また精子量が増えることで「精子を出したい」と思うことも増えるので、どんどん性欲も湧いてきます。
オナ禁していたり、なかなかオナニーできない時期があった方ならわかると思うのですが、すごく射精したくてソワソワしてきませんでしたか?

精巣に溜めれる精子の量は、だいたい3日分と決まっています。
だから3日以上精子を出さない状態だと、自然と体が「早く溢れるぶんを出してくれ!」という状態になってしまうわけです。

そうなると自然とムラムラしてきて、性欲が湧き上がります。
妊娠活動中なら義務的ではなく自分から奥さんを抱きたいと思うようになるので、場合によってはギスギスしてしまいやすい妊活を円満に進めることができますね。

持久力アップ!加齢による体力低下もなんのその!

ninniku-zikyuryoku

 

マウスを使った実験では、オキソアミヂンを投与することで「持久力があがる」ことも確認されています。

永井勝次氏の「よく効くニンニクの神秘的薬効」に書かれていますが、オキソアミヂンを投与されたマウスは、投与されなかったネズミの4倍もの時間泳ぎ続けたとのこと。
つまり普通のマウスが1時間しか泳ぎ続けられないとしたら、オキソアミヂンでパワーアップしたネズミは4時間泳げることになります。

単純にオキソアミヂンを摂取しているかしていないかの差だけで、こんなに持久力が上がるなんて驚きですよね。

オキソアミヂンを取ることで、

  • 歳を重ねても、疲れを感じにくい体になる
  • セックス中に疲れて中折れすることがなくなる
  • 1回とはいわず、2~3回セックスを楽しめる

というような好転効果を得ることができます。

いつもすぐダメになってしまって女の子に申し訳ない…」「もっとしたいのに体がついてこない…」というような、中高年に多い悩みを抱えていそうな方こそオキソアミヂンは積極的に取るべきだと言えますね。

血のめぐりを良くする

血のめぐりを良くする

オキソアミヂンは血管を広くする働きと血液をサラサラにする働きがあります

血管を道路、血をトラックだと考えてください。道路が広くなって車のスピードが速くなったら、短い時間でたくさんのトラックが行き来することができますね。
その結果、より多くの荷物(酸素・栄養・熱)を運べます

より多くの荷物を運べるようになったことで得られる好転効果はたくさんあります。

ED・勃起不全の改善

EDの改善につながる

血液のめぐりが良くなることでED・勃起不全の改善につながります。

満足いくしっかりした硬い勃起には、ペニスにできるだけたくさんの血液が入り込むことが必要不可欠です。
勃起の仕組みは風船に空気をいれて膨らませるのと同じで、ペニスに血液を流し込んで膨らませることだから。

もし「ぜんぜん100%勃起しない」「勃起してもフニャフニャ」という方は、血液がペニスに集まりにくくなっていることが考えられます。

  • 血がドロドロになっていて、ペニスにたまりにくい
  • 血管がせまくなっていて、そもそも血液がペニスまでたどり着きにくい

オキソアミヂンをとることで、上記のようなED・勃起不全の原因を取り除けます。
満足のいく勃起の角度や、触ったときにカチカチのペニスを取り戻すことができるでしょう。

ただし、この効果はあくまでも継続して(目安は1ヵ月ほど)、オキソアミヂンを飲み続けた場合に得られるもの。
飲んですぐに血管が広がることはありませんし、血液がサラサラになることもありません。

そのため体に負担をかけることなく、ゆっくりと本質的にEDを改善したい人に向いています。
もし今すぐにその場限りの勃起力が欲しいのなら、バイアグラなどの医薬品に頼るべきです。

ペニス増大効果はオキソアミヂン単体では期待できない

オキソアミヂンにはペニス増大効果があるという話をよく見かけますが、それは嘘でもあり、本当でもあります。

  • オキソアミヂン単体⇒増大効果ナシ
  • オキソアミヂン+その他の成分⇒増大効果アリ

増大を達成するには様々な成分が必要です。
例えば成長ホルモンの分泌を促進して、ペニスの再成長をうながすアルギニンなどは有名ですね。

もちろんオキソアミヂンの血のめぐりを良くする効果も増大には欠かせないものの1つですが、それだけで達成できるほど増大は甘くありません。
あくまでもオキソアミヂン+その他の増大成分を同時にとることで、ようやく達成できます。

もし増大がメインの目的でオキソアミヂンだけを取ろうとしているのであれば、注意してください。

高血圧の予防・改善につながる

高血圧の予防・改善

血圧とは血が血管を流れるときに、壁を押し広げようとする力のこと。
高血圧とはその力が高いこと、強いことを指します。

あまりピンときていない方はホースをイメージしてみてください。

水が流れているホースの口をつまむと水が勢いよく飛び出してきますね。この時ホースの内側は、水によって高い圧力がかかっています。
このときのホースが血管で、水が血液です。

要は通り道がせまくなってしまったことで、血液が必要以上に血管を押し戻そうとしながら流れようとしているんですね。
もちろん血液そのものが「よし、ここは力強く通過するか!」と勝手に力をコントロールできるわけではありません。血液の流れる強さをコントロールしているのは心臓です。

血管が狭くなると心臓は強い力で血液を押し出さなければならず、その力に耐えるために心臓はより強く・より大きくなろうとします。
その際に強い負担がかかり、心肥大や狭心症、心筋梗塞のリスクがぐーんと上がってしまうのです。

また脳内の血管が長い間高い圧力にさらされることで脆くなり(これを動脈硬化といいます)、脳出血や脳こうそくになる恐れもあります。

オキソアミヂンを取れば、そもそも血管がせまくなってしまうことを防いだり、すでにせまくなってしまった血管も広げることが可能です。
結果として、高血圧の予防・改善につながります。

冷え性が良くなる

冷え性が改善される

冷え性の原因はずばり血のめぐりが悪いこと。

血液は脳・心臓付近・お腹まわりなど、体の中心部へのめぐりは良いのですが、手足や指先へのめぐりはそもそも良くありません。
要は生きるために絶対に必要な部位から、優先的にたくさん血液が流れるようになっているわけです。

そのうえ手足などの体の先っぽは、もともと血管が細いので血液も通りづらくなっているんですね。
だから手足の先っぽはいつまでたっても血液が行き渡らず、冷えやすくなっています。

オキソアミヂンの血管を広くする働きは特に腕や足などの体の先っぽの方に強く作用するため、手足の冷え性改善にはうってつけ。
しっかりと手足の先っぽにまで血液がめぐるようになり、自然とポカポカあたたまってきます。

ちなみに「冷え性くらい放っておけばいい」と考える人もいるかもしれませんが、その考えは危険。
「冷え性は万病のもと」と言われているように、冷え性が長く続くことによって肌荒れ・肩こり・腰痛・関節の痛み・むくみなど様々な症状を引き起こしてしまいます

「冷え性くらい毎回手足をこすり合わせればいいや」という考えではなく、しっかりとオキソアミヂンで手足の血流を改善しましょう。

ビタミンB1が水に溶けるのを防ぐ

ビタミンB1が壊されるのを防ぐ

ビタミンB1は私たちが生きる上で必要なエネルギーをつくってくれます
より正確に言うと糖質(=炭水化物)をブドウ糖に変える働きがあり、主に豚肉に多く含まれています。

そんな健康維持のために必要不可欠なビタミンB1ですが、デリケートで非常に崩れやすいという欠点があるんですね。

簡単に水に溶けてしまうため、必要量以上の分は汗や尿などの何らかの形ですぐに体の外に出て行ってしまいます。
また熱にも弱いため、食材そのものの調理過程で失われることの多い成分でもあります。

これだけ打たれ弱い成分なので、ビタミンB1は長時間体の中に蓄えておくことが出来ません。

しかし、ビタミンB1が水に溶けることを防ぎ、体に長い間残り続ける手助けをしてくれるのがオキソアミヂンです。

脳の働きを活発にする

脳の働きを正常に保つ

私たちの脳を働かせるエネルギー源となるのはブドウ糖です。
そのため体の中に必要十分なだけのブドウ糖が不足していると、脳が動かないのでまともに考えることができなくなります。

頭を使う作業をしているときに「あー、なんか思考力が落ちてきたから糖分とらないとなー」とかいってチョコレートを食べたり、アメを舐めたりする人を見たことはありませんか?
これは脳のエネルギーとなるブドウ糖を作り出す糖質を取ろうとしているわけですので、正しい行為です。

しかし、いくら糖質をとってもビタミンB1が不足しているとうまくブドウ糖をつくれません
飲食店で料理の材料はしっかり揃ってて、お客さんがいっぱいいたとしても、調理する料理人がいないと意味がないですよね。これと全く同じ状況が体の中で起こってしまうわけです。

脳を活発に動かすためには材料を取ることももちろんですが、それを調理するビタミンB1も欠かせません。

ここで役に立つのがオキソアミヂンなのです。
崩れやすいビタミンB1を保持する役割があるので、ビタミンB1がすぐに壊れて不足するのを防いでくれます。

勉強をする前や頭をたくさん使う仕事をする前にオキソアミヂンを取っておくと、脳を正常かつ活発に働かせることにつながるのでオススメです。

むくみの防止

むくみの防止

ビタミンB1はむくみを解消する働きもあります。

むくみの原因はいくつかあるのですが、その内の1つは血の水分調節に重要な働きをしているアルブミンの不足
アルブミンは血管と細胞内の水分量がちょうど良くなるように調整してくれている大事な成分です。

「ん?よくわからん」という方は2つの水槽が1本のドア付き通路でつながれている光景をイメージしてください。
通路にはドアがついていて、そこを開け閉めすることで2つの水槽内の水量がちょうど良くなるようにできます。

ここでいう水槽が細胞と血管、ドア付きの通路がアルブミンです。

通路のドアがきちんと開け閉めできているときは、簡単に水槽の水分は調整できますよね。
しかし、ドアの開け閉めがうまくいかないとどうでしょう。

「片方の水槽にだけ水がたくさんありすぎてあふれそうだな」というときに、もう一方に超過分を移すことができません。
ようは「アルブミンが不足していて細胞内から血管に水分を移せない⇒超過した水分のせいで細胞がパンパンに膨らんでしまう」のがむくみの原因ということなんですね。

だからむくみにくい体をつくるためには、できる限りアルブミンが不足しないようにつくりだしていく必要があります。

ここで重要になってくるのがビタミンB1。
ビタミンB1にはアルブミンを体内で生成する役割があります。

ということは、ビタミンB1を壊れにくくしてくれるオキソアミヂンを取ることは、間接的にむくみを予防してくれているということになりますよね。
立ちっぱなしの仕事をしていたり、ヒールのせいでむくんでしまいやすい女性はオキソアミヂンを取ってみるとけっこう変わってきますよ。

抗酸化作用がある

抗酸化作用がある

生物が生きていくためには頭や体を動かすためのエネルギーが必要です。
エネルギー源となる栄養は食べ物から摂取しますが、それをエネルギーに変える時に酸素が必要になります。

その際、代謝の関係で使った酸素の約2%が活性酸素になってしまうのです。
活性酸素とは、他の物質を老化させる力が強い酸素のこと。

活性酸素は強力な酸化作用によって体内に入ってきた菌を退治する働きがありますが数が多すぎると体の細胞に悪影響を及ぼすのです

だからこそ加齢・ストレス・喫煙・大気汚染・紫外線など、たくさんの要因によって増えすぎてしまいやすい活性酸素の量をいかに減らすかが重要になります。

オキソアミヂンには活性酸素をやっつける抗酸化作用があり、活性酸素の量を減らすことに尽力してくれます。

老化を抑える

老化を抑える

加齢につれて「あー、すぐ疲れやすくなったなぁ」って感じることはありませんか?
実はそれがまさに活性酸素によって体が老化してきている証拠です。

私たちの体の細胞が活性酸素によって酸化されると、細胞の内と外をつなぐドアの働きが鈍くなってしまいます。
ドアの動きが鈍くなるとどうなるでしょうか?中から外に出るのも、外から中に入るのも面倒くさくなってしまいますよね。

その結果、栄養と老廃物の出し入れが十分にできなくなり、細胞の元気がなくなってしまうのです

オキソアミヂンで活性酸素をやっつけることで、より長い間若々しさを保っていられるようになります。

様々な病気の予防

病気を予防する

病気の90%は活性酸素が原因だといわれています。
残り10%は風邪・エイズ・感染症(インフルエンザ・ノロウイルス・結核)などです。

参考:日本抗酸化HP

私たちの体は60兆個の細胞から出来ており、活性酸素が酸化させた所は弱ってしまいます。

皮膚の細胞が酸化すれば皮膚炎に、目に起これば白内障に、肝臓に起これば肝臓病とそれぞれ場所に応じた病気になるということ。
オキソアミヂンを摂取することで活性酸素の量を減らすことは、病気になりにくい体を作ることにつながるんですね。

オキソアミヂンの摂取目安量について

オキソアミヂンの摂取目安量について

多くの優れた効果を持つオキソアミヂンですが1つだけ欠点があります。

それは、オキソアミヂンの効果がより発揮されるためには1日200mgを継続的に摂取する必要があるということ。

「200mgってことは…毎日0.2g摂るだけでしょ?簡単じゃん!」と思った方もいるでしょう。
しかしニンニクには1球あたり約0.03%ほどしかオキソアミヂンが配合されていません。この約0.03%が約200mgです。

つまり毎日ニンニクをまるまる1球食べなければ、オキソアミヂン200mgは取れないことになります。

これはきついですね。
どんなにニンニク好きの人でも難しいと思います。

オキソアミヂンの副作用について

オキソアミヂンの副作用について

オキソアミヂンによる副作用はありません

しいて言えば血の巡りが良くなることで、ケガしたときのリスクが高まることです。血がサラサラになるということは、同時に固まりにくくなるということも意味しています。

より詳しく説明すると、オキソアミヂンは血小板の凝固作用を抑える働きがあります。
何らかの原因で出血してしまった際に、血が止まりにくく・かさぶたができづらくなるということ。

元々血管が切れやすい部分である歯茎での出血や鼻血が多発してしまうかもしれませんし、出血を前提としている予定(外科手術や出産)がある方はオキソアミヂンの摂取を控えた方がいいでしょう。

アリシンの摂りすぎによる副作用

アリシンの摂りすぎによる副作用について

ニンニクにはアリシンとオキソアミヂンという2つの主要な成分があります。

アリシンには殺菌効果・オキソアミヂンには血流改善効果があり、どちらも健康維持には欠かせない大切な成分です。

目安量の範囲内でニンニクを食べている分には問題ありません。
しかし毎日丸ごと1個食べるとなると、いくつかの弊害が生じます。

オキソアミヂンには副作用がありませんが、アリシンにはあるんですね。
ニンニクでオキソアミヂンを取ろうとすると、思わぬところで悪影響が出てしまうことになります。

下痢や便秘につながってしまう

下痢や便秘、最悪病気にもなる

アリシンは強力な殺菌力があります。
どのくらいかというと、8万倍~12万倍に薄めても効力が失われないほど強いです。

アリシンはポツリヌス菌、結核菌、ブドウ状球菌、赤痢菌、ジフテリア菌、チフス菌、淋菌など多くの細菌に対する抗生物質であることが認められています。抑えることが出きる感染症の数は、なんと72種類に及ぶとのこと。
このような強い抗菌・殺菌力によって体内の有害な細菌数を減らすことが出来ます

ですがニンニクの食べ過ぎにより消化・吸収に必要な善玉菌まで減らしてしまい、下痢・便秘などの症状が出る恐れがあるのです。

殺菌作用があだとなって健康を崩してしまうなんて本末転倒ですよね。

めちゃめちゃ体臭・口臭がクサくなる

めちゃめちゃ臭くなる

「ニンニクを少し食べただけなのに翌日まで臭いが残っている…」、このような経験をしたことがある人は多いのではないのでしょうか?

ニンニクの臭いの発生源は2パターンあり、それぞれ猛威を振るう時間が違うのです。

1つ目は口の中に残ったニンニク成分により発生するニオイ。これは最もわかりやすい例かと思います。

ニンニクが口の中にそのまま残っていると考えてください
この段階の臭いは口内を入念に歯ブラシなどで磨くことで対処できますし、臭いが発生している時間も短いです。

問題は2つ目、ニンニクの消化された成分が血液に乗って体内にいきわたって発生するニオイ

ニンニクは体内に取り込まれた後「ジアリルジスルフィド」という強烈なニオイ成分になり全身を巡ります。
その結果、口からはもちろん全身の毛穴からもあの独特のニオイが排出されてしまうのです。

体臭におけるニンニクの臭いが消える時間は量や体質に左右されますが、基本的に16時間だという研究結果が出ています。
さらに臭いが完全に消えるには48時間もかかってしまうんですね。

あのくさい独特なニオイが48時間続くなんて考えただけでも地獄です。
毎日ニンニク1個食べると、どんどんクサくなっていくことだってじゅうぶんに考えられます。

単純にエチケット的な問題を考えると、できるだけニンニクの摂取は避けたいところです。

オキソアミヂンを摂るにはサプリメント一択

オキソアミヂンを摂るにはサプリメント一択

食べ物でオキソアミヂンを毎日200mg摂取するには量や副作用の関係から難しいですよね。
そこで効率的にオキソアミヂンを摂取するためにオススメなのがサプリメント

重要なのは「ニンニクの主要な成分を凝縮した」サプリではなく、「オキソアミヂンだけを抽出・摂取した」サプリメントを選ぶこと

前者を使用してもそれ相応の効果を得られるとは思いますが、アリシンが配合されている以上口臭や腹痛の原因になってしまいます。
後者ならばそのような心配をする必要がなく、オキソアミヂンは無臭成分であるため口臭が大変なことになってしまうこともありません。

サプリメントの中でもプロキオンがオススメ

IMG_6236

オキソアミヂンを効果的に摂取したいならプロキオンという精力剤がオススメ

プロキオンはオキソアミヂンを1つのカプセルに100mgも閉じ込めた製品です。
つまり1日に2つ摂取することで簡単に200mgのオキソアミヂンを体に取り入れることが出来ます

もっとも手軽に、かつ副作用もなくオキソアミヂンの栄養だけを効率的に取ることが可能です。

プロキオンの詳細をチェック!

「医薬部外品」なので通常の精力剤よりも効果が望める

「医薬部外品」なので通常の精力剤よりも効果が望める

医薬部外品という名前にあまり聞き馴染みのない人もいるのではないでしょうか。「サプリメント」と「指定医薬部外品」は全く異なるものです。

サプリメント 不足しがちな栄養素を補うもの
医薬外部品 病気の治療や予防に使われているもの
予防に重点が置かれている

指定医薬部外品は、「穏やかな効果・効能を示す」ことが実証されて厚生労働省から認定される製品です。有名どころで言えばリポビタンDやエビオス錠などが挙げられます。

単に有効成分が入っているだけでなく、厚生労働省が効果効能を認めているという点は大きいですね。

このことからプロキオンが他の精力剤と比べ、科学的根拠のあって「ちゃんと効果を見込める」精力剤だということがわかります。

効果が実感できなかった場合、お金が返ってくる

効果が実感できなかった場合、お金が返ってくる

もしもプロキオンを飲んで35日以内に満足できなかった場合、効果が実感できなかった場合はお金が全て返ってきます

開封後はもちろん、飲み切った後でも返金可能です。
その際は受け取り証明書や領収書が必要になるので、しっかりと保管しておきましょう

お金を返金してもらえるということは、実質無料で試せるということです。これは大きいですね。

「とりあえず」買ってみて、効果がなければ返金してもらえばいいだけですから。

GMP認定の国内工場生産でとにかく安心・安全

とにかく安心・安全

プロキオンは徹底した品質管理の下でつくられています。なぜなら、GMPガイドラインをしっかりと守っている工場で生産されているからです。

GMPとは「Good Manufacturing Practice」の略で、製造所における製造管理、品質管理の基準のこと。
つまり、安全であること・高品質であることが保障されていることを意味しています。

毎日摂取するものなので、安全であることがちゃんと証明されていることは嬉しいポイントです。

そもそも医薬部外品に認定されている時点で、効果だけでなく国から安全性も保障されていることになるんですけどね。

プロキオンの公式ページはこちら
ぎんぎん君によるプロキオンのどこよりも詳しいレビューはこちら

オキソアミヂンを毎日取って、健康な生活をサポートしよう

オキソアミヂンを毎日取って、健康な生活を手に入れよう

オキソアミヂン1つで様々な効果・効能を得られるというのだから、話題になるのもじゅうぶん頷けますね。
特に夜の悩みを抱える男性にとっては、非常に魅力的な成分です。

もちろん体の不調を根本的に改善したいのであれば、普段からの生活習慣や食生活を見直すことが大前提。
ただそこにオキソアミヂンを取る習慣をプラスするだけで、かなり変わってきます。

その場合はニンニク1球を食べるのではなく、アリシンを過剰摂取することなく、オキソアミヂンの栄養だけを効率的に取れるサプリメントを選ぶのがおすすめです。

オキソアミヂンを最も簡単に取れるサプリメントはこちら