閉じる

もう小さいなんて言わせない!ペニスを大きくする方法3選!

lgf01a201312030000ペニスが小さいというのは単純に男のプライドとかそれだけの問題ではありません。

性行為は一種の男女間のコミュニケーションなわけですよね。性行為をコミュニケーションとすると、ペニスはコミュニケーションツールということになります。

つまり、ペニスが小さくて女性を満足させられないということは、コミュニケーションが取れていないことと同義。

特に三大欲求とも言われる性欲でのコミュニケーションが取れないとなると、男女の仲に亀裂が入ってしまっても何らおかしくはありません。

だって、まともに会話できないようなものですよ?性行為中はお互いの性器がモノを言いますからね。

男のプライドのためにも女性と愛あるコミュニケーションを取るためにも、絶対にペニスは大きくしたい!

今回はいくつかペニス増大方法をお伝えしていきます!

♦まずはちんトレを試してみよう!

最初に紹介したいのは誰でも簡単にできるちんトレ。ちなみに、ちんトレとは「ち○こトレーニング」の略のことです。

まぁそんな誰でも分かるような話は置いといて、具体的な話に移りましょう。

ちんトレはスポーツでいうところの基礎練習(走り込みやキャッチボール)。ペニスの悩みを改善する際には、最初から最後までやり続けてほしいものです。

そんなちんトレには様々な種類があります。例えば、早漏やED改善のためのちんトレ

そして、ペニス増大のためのちんトレもあります。例えば、ペニス牽引法ジェルキングなど。

ちんトレでペニス増大は叶えられるの!?

ただし注意してほしいのは、ちんトレにはメリットもあればデメリットもあるということ。それぞれ伝えていきます。

ちんトレのメリット

まずはちんトレのメリットについて。

ちんトレのメリットは大きく分けて3つあります。

  • 方法が非常に簡単
  • 継続性の高さ
  • お金がかからない

上記の3つが主なメリット。

まずは最初のメリットはちんトレが非常に簡単なこと。自分のペニスと手だけあれば、あとは道具も何も必要ないちんトレがほとんどです。

いつでも自分が始めたいと思った時、すぐに始められるというのは嬉しい。

次のメリットは継続性の高さです。方法が非常に簡単なことに加えて、ちんトレはオナニー感覚でペニスを鍛えることが可能。

スポーツにおける筋トレや走り込みのような基礎トレーニングと違う所です。

筋トレや走り込みなどの基礎練習って基本的には辛いものですよね。最初は筋肉痛になることもザラですし、毎日続けると疲労が溜まっていくばかり。

もちろん、確実に身体は強化されますが、よっぽどの意思が強いか自分を虐め抜くことが好きな方でなければ続きません。

しかし、ちんトレは苦痛はありませんし、逆に気持ち良いトレーニングもあるので、オナニーをする感覚で続けられます。ついついやりすぎちゃったという方もいるくらい。

これが継続性が高い秘訣です。

そして最後のメリットがお金が一切かからないこと。

簡単に手術に踏み切れるほどのお金を誰しもが持っているわけではありませんし、高い費用がかかるとなると慎重になりますよね。

結果として、ペニス増大が後回しになってしまいがち。

でも、ちんトレは一切お金がかかりません。最初にも書きましたが、必要なのはペニスと両手のみです。

自分でもっと効率を良くするために専用の器具でも買うのであれば話は別ですが。まぁ道具があろうとなかろうと、言うほど効率は変わらないので無理に買う必要もありません。

まずは自分の手だけで行うことをオススメします。

ちんトレのデメリット

ちんトレに共通するメリットを紹介しましたが、残念ながらデメリットも存在します。

デメリットは1つなのですが、この1つが非常に致命的。

ちんトレは効果が出るまでに相当な時間が必要となってしまいます。

例えば「おぉ、ちんトレって今すぐ始められるのか!やってみよう!」と意気揚々と始めても、そのすぐ1ヶ月後にペニスが増大しているということはありません。

ちんトレでそれほどすぐに効果が出るのであれば、お金をかけてまで手術を受ける人は絶対にいませんからね。

まぁちんトレの本来の目的はゆっくりと時間をかけてペニスを大きくすること。すぐに効果が出ないのは当然です。

それにちんトレはペニス増大の基礎トレーニング。やっておいて得はあっても損をすることはありません。

しかし、もっと手っ取り早く、すぐに効果が欲しいという方もいるでしょう。そういう方はちんトレの他に、違う方法も取り入れる必要があります。

♦ペニス増大手術って実際どうなの?

b2f327520995aa6406f2b38948c4b850_s

最も手っ取り早くペニスを増大したいのであれば、ペニス増大手術があります。

もちろん手術なので確実にペニスを増大することが可能です。

手術の種類も様々。例えば、ペニス牽引法のところでも触れた長径術。その他にもヒアルロン酸注射脂肪注射といったものまで。

自分に合った手術を選べて、確実に増大できるのは確実なメリットと言えるでしょう。

しかし、当然ながらデメリットもあります。

  • 費用がめちゃくちゃ高い
  • 術後のリスク
  • 恐怖心や羞恥心

主にこの3点。

1点目はやはり費用の問題。ぶっちゃけ、めちゃくちゃ高いです。

最も安い長径術で平均10~15万円、最も高い脂肪注射では平均50万円もかかってしまいます。

しかも長径術は最悪の場合、半年~1年ほどで元に戻ってしまう可能性が・・・。とてもじゃありませんが、コスパが良いとは言えません。

何よりペニス増大手術は保険適用外の治療です。

よほどお金に余裕がない方でないと手術に踏み切るのはなかなか難しいと思います。

2点目は術後のリスク。

ペニスは人体の中でも非常に敏感な部分。急所とも言われることからも分かると思います。実際、蹴られでもしたら、のたうち回ってしまうほどの激痛が走りますよね。

そこに注射を打ったり、付近にメスを入れるわけですから何もリスクがないわけがありません。

主なリスクとしては

  • 内出血や腫れ
  • 術後の痛み
  • 傷痕が残る
  • 1週間のシャワー禁止・1ヶ月の性行為禁止

上記のようなリスクがあります。もちろん確実に起こるわけではありませんが、それでも十分に起こる可能性はあるのです。

どれも命に別状があるわけではないとは言え、できることなら避けたい。

手術を受けたい方はこのようなリスクが起きることをしっかり考えた上で、踏み切るようにしましょう。

3点目は恐怖心や羞恥心。

恐怖心は2点目とも繋がります。ペニスやペニス付近を手術するので、どうしても恐怖心は生まれてしまいます。術後のリスクを考えれば尚更でしょう。

また、自分の小さなペニスを晒さなければならないのは非常に恥ずかしいと思います。むしろ、恥ずかしさに耐えれないからこそ今このページを見ているわけですよね?

女性に見せる方が恥ずかしいとはいえ、同性の医者に見せたり悩みを相談するのも屈辱的なものがあります。

手術の前に上記のような恐怖心や羞恥心に打ち勝たなければならないのが、ペニス増大手術を受けるための最初の関門です。

ペニス増大手術まとめ

ペニス増大手術は最速で、確実にペニスを増大させたい方にはオススメできます。

しかし、ペニス増大手術を受けるためには

  • 高い手術費用
  • リスクを受け入れる覚悟
  • 恐怖心や羞恥心に打ち勝つ心の強さ

この3つを全て満たしていなければならないので、敷居が高いと言えます。

また、病院選びは慎重に!

当然ですが、手術をする上では医者の腕が最も重要です。ヤブ医者に当たってしまえば、ペニス増大は叶わないどころか、ただリスクだけが発生してしまう恐れがあります。

最初は絶対に医者とのカウンセリングを通して、信頼に値する医者なのか見極めるようにしましょう。

ペニス増大手術をする前に知っておくべきことまとめ!種類・危険性・メリット・デメリット

 ♦バランス良く、いいとこ取りのペニス増大サプリ!

サプリメント

最後に紹介したいのがペニス増大サプリです。

上記で紹介したちんトレとペニス増大手術よりも、ぎんぎん君は圧倒的にサプリをオススメしたい。

というのも、ペニス増大サプリメントは2つの良いとこ取りしている商品だから。

まずはペニス増大サプリがどのようにペニスを増大させるのかをザックリと説明します。

本当に簡単に言うと、ペニス増大サプリは成長ホルモン促進と血流改善によってペニスを増大させるのが狙い。

成長ホルモンを増加させることでペニスの再成長を狙い、血流改善によってペニスに流れ込む血液量を増やすことで以前よりもパンパンに大きくなったペニスを作り上げるわけです。

継続してサプリを飲むことで、毎日ペニスをパンパンな状態にしておけば、自然とサプリを飲まなくてもサプリを飲んだ時ほどの大きさになります。

ペニス増大サプリって本当に効果あるの?

そして、どうしてペニス増大サプリがバランスの良い商品なのか?それは商品の特徴にあります。

  • 手軽さ
  • 継続性の高さ
  • 安全性
  • 増大スピード
  • 費用対効果

この5点を全て満たしているのがペニス増大サプリ。

手軽さと継続性の高さ

これはちんトレにも共通するメリットでした。ただし、同じメリットでもちんトレの遥か上を行きます。

理由はいたってシンプルで「サプリメントで飲みやすい」から。

サプリメントを飲むのにどれだけの労力がかかりますか?一切かかりません。

たまに薬やサプリを途中でめんどくさがってやめてしまう方がいますが、それはまだ深く悩んでいない証拠。本当に悩んでいるのであれば、絶対に毎日サプリを飲むことくらいわけありません。

ちんトレを続ける事よりはるかに簡単です。

安全性

手術には術後のリスクが存在していましたが、ペニス増大サプリには危険性が“ほぼ”100%ありません。

というのも、ペニス増大サプリには植物の根や葉っぱなど、元から自然界に存在する天然成分で構成されているから。

そして日本の薬事法の存在も大きい。薬事法があるので、医薬品以外には厚生労働省が認めている成分しかサプリメントには入れられないのです。

要は、医薬品に入っているような、人体に大きな影響を及ぼす成分はアウトということ。これも安全性を高めるのに一役買っています。

しかし、服用量を破った過剰摂取や個人輸入の危険な海外製増大サプリは例外です。

過剰摂取したり、海外の危険な増大サプリを飲用すると思いもよらない副作用が出る恐れがあるので、注意してください。

ペニス増大サプリの副作用・危険性は?

増大スピード

ペニス増大サプリは増大スピードも申し分ありません。

増大効果がハッキリと感じられるまでに平均して3ヶ月ほど。

中には1ヶ月で感じられたという商品もありますし、合わせてちんトレを欠かさず続けていれば、もっと増大スピードは早まります。

流石にメスを入れたり、注射を打つ手術には及びませんが、それでも十分すぎるほどのスピードですよね。

ちんトレほど辛抱強く待つ必要もありませんし、手術のリスクを負う可能性もありませんから。

費用対効果

ペニス増大サプリは費用対効果もバツグン。

手術だと数十万かかるのが普通なので踏み出せない方も多いと思いますが、増大サプリならそんな心配も必要ありません。

ペニス増大サプリのだいたいの相場としては1箱1ヶ月分で10,000~15,000円ほど。

普通のサプリとしては少し高いかなという印象だと思いますが、効果を考えればもの凄く安い。

先ほど効果が出るまでのスピードの話で、だいたい3ヶ月でハッキリと効果を実感できると言いました。

ということは、15,000円のサプリを使ったとしても「15,000×3=45,000」となります。最も安い手術でも10万円ほどかかりますから、かかる費用の違いは比べるまでもありません。

3ヶ月45,000円でペニスを大きくできると考えれば、間違いなく費用対効果は高いです。

ペニス増大サプリ まとめ

ペニス増大サプリは紹介した通り欠点がないと言っても過言ではないほどの商品です。

ペニスが小さくて悩んでいる方は、続けやすくて費用も安く済むペニス増大サプリから始めるのがオススメですよ。

ペニス増大におすすめのサプリメントランキング!

♦まとめ

zouzai-sapri

ペニス増大のための方法3選を紹介させていただきました。

どれもペニス増大に効果があるが、それぞれメリットもあればデメリットもあると分かっていただけたと思います。まぁ増大サプリにはデメリットらしいデメリットはありませんが。

ぎんぎん君的には最初ちんトレをしながら、並行してペニス増大サプリを使っていくのをオススメします。

これで理想の大きさまでサイズアップすれば、何のリスクも負うことなく、費用も安く済ませることができますから。

ただし、どうしても増大しないという方は手術を視野に入れたほうが良いでしょう。その際はしっかりと手術についての知識を得た上で、病院と医師選びは慎重に行ってくださいね。